がん診療情報

三重中央医療センター附属看護学校

地域がん診療連携拠点病院

 

がん診療情報

 当院は、平成14年8月13日より地域がん診療連携拠点病院の指定を受けていま
 したが、診療実績等の指定要件を満たすことができず、平成28年3月31日をもっ
 て指定解除となりました。
 なお、がん診療については、医療の質を落とすことのないよう引き続き取り組んで
 まいりますのでよろしくお願いします。

 

1、診療機能

集学的治療等の提供体制及び標準的治療等の提供
病理診断から集学的治療及び各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療並びに応用治療を行っています。 
キャンサーボードの実施
キャンサーボードとは、手術、放射線診断、放射線治療、化学療法、病理診断及び緩和ケアに携わる専門的な知識及び技能を有する医師等による、治療方針等を意見交換・共有・検討・確認するためのカンファレンスです。当院では毎月開催し、患者さんにより良い治療の提供が出来るよう、各専門分野の医師が活発に意見交換しています。
セカンドオピニオン対応
  セカンドオピニオンとは、診断及び治療法について、主治医以外の第三者の医師が提示する医療上の意見をいいます。専用窓口を開設していますので、お気軽にご相談ください。
緩和ケアについて 
・緩和ケア外来を金曜日午後から行っています。
・入院では緩和ケアチームによる定期的なチーム回診を行いながら、入院生活のサポートをさせていただいております。
入院・外来と継続した支援が可能となり、専門的な知識、技能を持った医師・看護師等が、患者さんのみならずご家族の方々を身体的・精神的に支えさせていただきます。


2、診療実績

  がん治療実績については、それぞれの「診療科のご案内」に掲載しています。さらに詳細な情報については、お気軽に主治医にお尋ねください。


3、研修の実施体制

  2次医療圏においてがん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修を毎年定期的に実施しています。


4、情報提供

相談支援
院内にがん相談支援センターを設け、医療ソーシャル・ワーカー、臨床心理士、がん性疼痛看護認定看護師がさまざまな相談に応じています。また、患者さん同士の交流の場、情報提供の場として、「患者サロンクローバー」を開所しています。部門紹介の地域連携総合相談支援センターのページでご案内していますので、ご覧ください。


がん登録
「標準登録様式」に基づく、院内がん登録を実施しています。毎年、院内がん登録の集計結果等をがん対策情報センターに情報提供しています。
さらには、三重県が行う「三重県地域がん登録」事業にも参加し、三重県地域がん登
録室にも情報提供を行っています。

(PDF484KB)

 

 

PageTop