臨床研究部

臨床研究部

連携大学院を授与された理由

国立病院機構の医療機関に設置された臨床研究部には大学にない設備が整っており、その活発な研究活動の実施により極めて高度な研究水準を保持し、研究内容もユニークであり若い研究者にとって非常に魅力的な課題が多いことが、今回の協定で連携大学院の称号を授与された理由となりました。
国立病院機構に働く研究者として大変な光栄に浴しましたが、昨今の極端な少子少産の時局に鑑み、三重県の周産期医療の発展と健やかな成育環境の整備の礎となる臨床研究・医学教育を実践するという使命の重大さを再認識しています。

 

 

PageTop