臨床研究部

臨床研究部

三重県の小児医療と臨床研究

従前より三重県では、三重大学を中心にMie Medical Complex( MMC)が構築され、小児医療分野では、三重大学が血液・腫瘍・循環器疾患、三重病院が喘息・肥満・腎疾患・てんかんなどの慢性疾患、三重中央医療センターが周産期疾患のセンター病院として連携し、全体としてvirtualな三重こども病院が機能していました(図1)。
また、臨床研究分野ではそれぞれの施設の診療機能特性を生かした研究が行われています。三重中央医療センター臨床研究部では、新生児医学分野の中でも特に、発達免疫学、遺伝子疾患、認知・行動発達科学、コホート研究など異領域の最前線の学際的研究に力を注ぎ、三重大学、武庫川女子大学教育研究所などとも共同研究をしてきました。

 

 

PageTop