地域連携総合相談支援センター

三重中央医療センター附属看護学校

地域連携総合相談支援センター

当院は、平成15年4月三重県知事より三重県総合周産期母子医療センターに指定され三重県内の新生児医療の拠点として機能しています。
 その活動状況は「成育医療のご案内」及び「小児科─新生児部門」に詳しく紹介されており参照していただけます。

総合母子周産期医療センターとは

 総合周産期母子医療センターは、各都道府県あるいは人口100万人に1施設整備されることになっており、以下に示すような条件を満たす施設が指定対象となります。

総合周産期母子医療センター指定条件(抜粋)

機能 リスクの高い妊婦に対する医療、高度な新生児医療を行う 地域の各周産期医療施設からの搬送の受け入れ及び連携を図る 情報センター機能を有する 医療従事者への研修を行う
設備 母体・胎児集中治療管理室(PICU) 6床以上 新生児集中治療室(NICU) 9床以上 必要に応じてドクターカーを整備する 検査及び分娩監視装置による連続的な監視が常時可能である
医療従事者 PICU、NICUは24時間診療体制を確保する PICUは24時間体制で産科を担当する複数の医師が勤務する PICUは常時3床に1人の助産師または看護師が勤務する NICUは24時間体制で常時新生児を担当する医師が勤務する NICU常時3床に1人の看護師は勤務する
周産期医療
情報センター
救急医療情報システムを整備し、情報を収集・解析・評価する

 

 

PageTop