チーム医療

三重中央医療センター附属看護学校

褥瘡対策チーム会

 

褥瘡対策委員会では、褥瘡発生率、重症度、体圧分散マットレスの使用状況などを報告し検討しています。委員会の活動のひとつとして褥瘡対策チーム会が設置されています。

専任医師(皮膚科)、皮膚・排泄ケア認定看護師、薬剤師、栄養士(NSTメンバー)、ICTメンバー1名により、毎週1回褥瘡ラウンドを実施しカンファレンスを交えながら適切なケアや治療をタイムリーに提供しています。

このチームの目的は、院内の褥瘡患者の把握と褥瘡患者へのケアの指導、ならびに褥瘡予防ケアの実施と検討、院内職員の褥瘡に関する知識と技術の向上です。

定期的に開催されるチーム会では、各病棟のチーム会メンバーも加わり情報交換や症例検討などを行うほかに、皮膚・排泄ケア認定看護師が中心となりチーム会主催の学習会を年間5回開催しています。

 

 

 

PageTop