部門紹介

三重中央医療センター附属看護学校

薬剤科

理念   医薬品情報室
スタッフ   薬務室
学会等認定資格一覧   チーム医療・回診・委員会活動など
病棟・外来薬剤師   治験薬剤師
調剤室   学生実習
注射室   保険薬局との連携
製剤室   院外薬局向け情報

薬剤部
患者さま一人ひとりがより良い薬物療法を安心して受けられるよう、「顔の見える薬剤師」をモットーに、日々の業務に邁進しております。お薬についての疑問や不安などお聞きになりたいことがありましたら、薬剤師にお気軽にご相談ください。
当院では厚生労働省の方針にしたがって、医薬分業の推進と後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及を進めています。
外来患者さまには原則として院外処方箋をお渡しして、お住まいの近くのかかりつけ薬局(調剤薬局)等で薬を受けとっていただいておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
院外処方せんの有効期限は発行日を含め4日間です。必ず4日以内に保険薬局にお持ちください。土曜日・日曜日・休日をふくめ、発行から4日間を過ぎますと、原則として再度来院していただいての再発行が必要となりますのでご注意ください。病院入り口付近に、処方箋(写し)を調剤薬局へ送信できる専用FAXが設置されていますのでどうぞご利用ください。 薬の受け取りには処方箋が必要です。お薬を受け取るまで大切に保管してください。

理念

病院の理念・方針に沿い、医療の担い手として医薬品の適正使用、安全管理を推進し、医療チームの一員として患者さま本位の最善な薬物療法を支援します。

 

基本方針
1. 医療安全にこころがけ、「質の高い医療提供」につとめます。
2. 医薬品の適正使用を推進し、最新の情報提供につとめます。
3. 薬剤師としての資質、専門性の向上につとめます。

スタッフ
薬剤師23名 薬剤助手 3名

学会等認定資格一覧

日本医療薬学会認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士 1名
日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士 2名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 4名
感染制御認定薬剤師 1名
漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
リウマチ登録薬剤師 1名
がん薬物療法認定薬剤師 1名

 

施設認定
日本薬剤師研修センター実務研修受入施設
薬学生実務実習受入施設

PageTop

<<部署の概要>>

病棟・外来薬剤師

MSW

薬剤師を病棟や外来に配置し、医師・看護師と協力して安全な薬物療法が実施できるようにサポートしています。患者さまのアレルギー歴、他の病院からの服用薬、サプリメントなどの健康食品などの情報を収集し、ベッドサイドで薬の効果、使用方法、副作用などについて服薬指導(説明)を行ったり、副作用の未然防止に取り組んでいます。病棟カンファランスや病棟回診に参加して医療スタッフとの連携を行ない、抗生物質や強心剤など、治療のために血液中の濃度を測定することが必要な薬物についても医師・検査技師と共に確認、評価することを行っています。

 

 

 

調剤室

 

MSW

調剤室では患者さまが使用される薬を調剤しています。処方せんの内容について、飲み合わせ・副作用・服用量・飲み方・服用期間などのチェックを行い、患者さま一人ひとりに適した形でお薬を調剤しております。 調剤室に隣接している服薬指導室では、初めて自己注射(インスリン、成長ホルモンなど)される方や吸入薬を使用される方などを中心にお薬の使用説明等を行っています。 また、お薬についての相談も行っています。

 

 

注射室

MSW

注射室では、医師から出された注射せんについて、投与量・経路・速度・期間・併用薬剤などの適正使用に関してチェックを行い、患者さまごと個人別にセットして、病棟や外来へ払い出しをしています。 注射薬の中には混合すると濁ったりして効果が落ちる薬品もありますので、これら事前にチェックしています。 当院注射室ではアンプル自動収集機(アンプルピッカー)を使用して合理化を進めるとともに、安全性の向上に努めています。また、病棟や外来で必要な消毒薬等を各科の請求に応じて払い出しをしています 。

製剤室

MSW

【抗がん剤調製室】

外来・入院の抗がん剤の混合調製を安全キャビネットを使用し行っています。患者さま一人ひとりのレジメン(投与期間・投与量等)をチェックし、医療者にも患者さまにも、安全に取り扱いが出来るよう調製を行っています。

 

【無菌製剤室】

一定の規格に合格した清潔度の高い無菌環境の中でTPN(経静脈高カロリー輸液)や、特殊な点眼液等を調製しています。NICU(未熟児集中治療室)の超微量点滴の調製は西4階のクリーンベンチ内でも行っています。

 

【一般製剤室】

病院内で使用する処置薬や製薬メーカーでは製造されていない薬剤を医師の要望により患者さん個々の特性に合わせて調製しています。患者さまに安心して使っていただくために調製した薬剤には製剤名や期限を表示し、衛生面等にも細かく注意を払っています。

医薬品情報室

 

医薬品情報室では、患者さまや、医師・看護師などからの薬に関する質問を受け、書籍などからその質問に答える活動を主に行っています。薬の適正使用のため、常に薬に関する情報を収集し、特に新しく使用することとなる薬の情報などをDrug Informationや「DIニュース」として病院内に配布し、啓蒙活動を行っています。

薬務業務

 

病院で取り扱うすべての薬の購入、管理等を行っています。病院内での薬の需要と供給のバランスを考え、病院内の在庫を適切に管理し、患者さまのもとへ確実にお薬がわたるよう努力しています。

医薬品の新規申請時にはこちらの資料を作成し、医薬品情報室(DI室)へ提出してください。
新規医薬品申請時資料

 

PageTop


チーム医療・回診・委員会活動など

 

薬剤師が、医師・看護師・栄養士等のコメディカルスタッフとともに、院内感染対策、栄養管理、褥瘡予防、緩和ケアなどのチーム医療の一員として病棟回診に随行したり、医療安全、医療情報、感染制御、外来化学療法、栄養管理、緩和ケア、褥瘡、母乳支援、クリティカルパス、接遇などの委員会に参加する等、医療の安心・安全のため薬学的な視点から活動しています。周辺地域保健所などと共に結核患者さまの退院後のフォローのためにDOTsカンファランスにも参加し地域に根ざした活動も行っています。また当院は病棟薬剤業務実施加算しており薬剤科では入院時の持参薬確認から入院中処方される薬の適正、有効使用に深く関わっています。

治験薬剤師

 

未承認薬の臨床試験を適正かつ円滑に行うために被験者、医師、製薬会社の橋渡し的業務を行っています。治験管理室事務局として活動しています。また、薬剤師も治験コーディネーターとして活動しています。<治験管理室>リンク

学生実習

当薬剤科は薬学部大学生の実務実習認定病院であり定期的に実務実習生を受け入れています。

実習生は実務実習指導薬剤師のもとで薬剤科業務の一部を行うことがあります。また、患者さまが事前に同意された場合には、実習生が服薬指導を見学するときがありますが、この同意はいつでも拒否することができますのでお申し出下さい。 また薬学生の病院見学についても随時受付しています。

保険薬局との連携

薬剤科では地域の保険薬局の薬剤師さんと定期的に勉強会を行うなど交流を深めています。また患者さまの同意があれば検査値、処方歴などのカルテ情報を調剤薬局に開示して薬の効果、副作用チェックに活用できるよう連携しており、超高齢化社会に向けて、患者さまの身近な存在として活躍が期待されている街の「かかりつけ薬剤師さん」と、同じ医療チームの一員として、お薬をより有効・安全に使用できるように情報交換・連携をはかっています。

 

院外薬局向け情報

中勢薬薬連携会
久居地区にて平成24年度より開始した病院と保険薬局薬剤師との連絡会議です。日常業務を通しての課題、情報等を共有し、地域の患者さまのためにより良い医療を提供するための集まりです。
参加を希望される方は、薬剤科までご連絡ください。

 

 

PageTop