当科では、糖尿病患者さんの治療、療養指導を積極的に実施しています。
 平成14年度の厚生労働省の調査で、日本全体で糖尿病が強く疑われる人は約740万人、糖尿病の可能

性を否定できない人は約880万人であり、両者の合計は1620万人にものぼります。

これは5年前(平成9年度)の調査数(糖尿病が強く疑われる人は約690万人、糖尿病の可能性を否定できない人は約680万人)を大きく上回り、高血圧症についで多い慢性疾患といわれています。

 

 糖尿病は直接生命危機の少ない慢性疾患であるため、放置したり、不十分な治療の結果、さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。
 糖尿病から足の壊疽(えそ)をおこしたり、腎不全(糖尿病腎症)で透析を余儀なくされたり、糖尿病網膜症で失明したりすることがあるのは有名です。
 さらに、糖尿病患者さんでは心筋梗塞や脳梗塞も生じやすくなっています。

 それらの合併症を防止するためには、早期に糖尿病を発見し、適切な血糖コントロールを実施することが最も重要です。

 当院は、日本糖尿病学会認定教育施設であり、糖尿病専門医および糖尿病療養指導士(看護師、栄養士、検査技師)を中心に、「糖尿病治療の原則は生活習慣の改善」を原則に、幅広く糖尿病患者さんの治療と療養指導を行っています

 特に、入院においては、患者さんの病状やニーズにお答えすべく、さまざまな入院パターンを

ご用意しています。

1.

短期検査入院(3~4日)
仕事などで長期には入院が困難な方に
短期間で、糖尿病の程度、合併症の有無を検索し、今後の治療方針を検討します。
入院中に、糖尿病食を経験していただき管理栄養士による食事指導(1回)も受けていただけます。

2. 教育入院(10日~2週間)
糖尿病の程度、合併症の有無の検索と同時に治療を開始、また糖尿病療養指導を行います。
管理栄養士による食事指導(2回)も受けていただけます。
3. コントロール入院(2~4週間)
血糖コントロールがきわめて不良な患者さんには、教育入院に加え、コントロールが改善するまでの入院をおすすめします。
4. 再コントロール入院(適宜)
外来通院中も血糖コントロールが悪化された患者さんに、もう一度、食事などの生活習慣をみなおしていただくための入院です。
合併症の進行がないか、現在の治療方針が正しいかのチェックもおこないます。
5. その他
ご要望に応じた入院加療を実施致します。他院通院中の患者さんの入院も可能です。
   


田中 剛史:内科系診療部長、三重大学医学部大学院卒、日本糖尿病学会専門医

田中 崇:内科医師、三重大学医学部大学院卒、日本糖尿病学会専門医

後藤 浩之:内科・内分泌科医長、三重大学医学部大学院卒

奥田 昌也:内科医師、高知大学医学部卒
渡邉 麻衣子:内科医師、佐賀大学医学部卒
井田 紗矢香:内科医師
小野 隆裕:内科医師

当科医師の所属する学会・研究会

 日本内科学会
 日本糖尿病学会
 日本肥満学会
 日本内分泌学会
 日本甲状腺学会
 先進インスリン研究会
 日本動脈硬化学会


外来受診についてのお問い合せ先

担当 医事課
TEL:059-259-1211(代表) FAX:059-256-2651

お問い合せフォームはこちら

PageTop