消化器系疾患全般にわたり、幅広く診断、治療を行っています。


 消化管疾患については、一般的な上・下部消化管内視鏡検査を中心に、ヘリコバクター・ピロリの除菌療法、胃・大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術、早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術、粘膜切開剥離術、消化管出血に対する内視鏡的止血術、消化管狭窄に対する、内視鏡的拡張術及びステント挿入術、ボタン式胃瘻造設術などの治療内視鏡を積極的に行っています。また、進行癌に対しては、ステント挿入、放射線・化学療法も積極的に取り組んでいます。


 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)による診断、内視鏡的乳頭切開術・バルーン拡張術による結石除去、悪性胆道狭窄に対するステント挿入(内視鏡的・経皮経肝的)などの治療を行っています。進行癌に対しては、化学療法、放射線療法など、集学的治療にも積極的に取り組んでいます。


1.慢性肝炎
 日本人の中で一番多い慢性肝炎であるC型慢性肝炎の診断を中心にその他、中高年以降の女性に多い自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変の診断・治療を行っています。症例に応じて腹腔鏡、肝生検を行い確実な診断をしたうえで、おのおの適切な治療を選択しております。これまで難治と言われたIb 高ウイルス群の患者様にはPEGインターフェロン、リバビリン併用療法を行っています。
2.肝硬変
 肝硬変の病期診断を行い その病期に合わせた治療を行っています。合併症の一つである食道胃静脈瘤に対して内視鏡的食道静脈瘤硬化療法・結紮術、バルーン下逆行性憩静脈的塞栓術を行い静脈瘤破裂の予防につとめています。
3.肝癌

 日本人の癌のうち胃癌、肺癌についで3番目に多い癌であり、肝機能の評 価および癌の病期診断を行ったうえで ラジオ波焼灼療法を中心に肝動脈塞栓術、抗癌剤動注療法、分子標的薬投与等の内科的治療、外科的肝切除を決定しております。最近では治療のオプションとして生体肝移植につきましてもご希望によりコーディネートさせていただきます。

当科の特色としては、消化器科の専門性を発揮しつつ、外科・放射線科・病理診断部とも互いに協力して診療を行い、緊密な連携を保つことで。最善の検査及び治療が可能になっていることです。

①専門医を目指しているかたへ当院は以下の認定施設です。 

  1. ▶ 日本消化器病学会認定施設
  2. ▶ 日本消化器内視鏡学会認定施設
  3. ▶ 日本肝臓学会認定施設
  4. ▶ 日本超音波学会認定施設


②2013年診療実績

  1. ▶ 1日平均外来数 約85例
  2. ▶ 年間入院延べ症例数 891例
    ▶ 平均在院日数 16.3日

③入院患者数の推移

年度 2011年 2012年 2013年
消化管 395 397 423
胆膵疾患 224 215 218
肝疾患 231 248 180


 

④年間検査処置件数の推移

年度 2011年 2012年 2013年
上部消化管内視鏡 2171 2200 2330
下部消化管内視鏡 1212 1276 1519
上部ESD 30 31 37
下部ESD 6 17 8
ポリペク(上部) 11 9 9
ポリペク(下部) 189 238 288
EUS 34 49 50
EIS/EVL 41 39 33
ERCP 207 186 192
EST 72 88 77
RFA 35 31 31
TAE 35 63 38
TAI 23 21 18
肝生検 31 35 27

 

内視鏡関連


肝疾患関連


氏名 渡邉典子(わたなべのりこ)
  内視鏡センター長
卒年度 平成元年卒
認定等

日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、
日本超音波学会専門医・指導医、日本内科学会専門医

氏名 竹内圭介(たけうちけいすけ)
  肝臓消化器内科医長
卒年度 平成6年卒
認定等

日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会専門医

氏名 北出卓(きたで たかし)
   
卒年度 平成15年卒
認定等 日本消化器内視鏡学会専門医
氏名 子日克宣(ねのひかつのり)
   
卒年度 平成15年卒
氏名 倉田一成(くらたかずなり)
   
卒年度 平成25年卒
非常勤職員
氏名 田口由紀子(たぐちゆきこ)
   
卒年度 昭和62年卒
認定等

日本内視鏡学会専門医 指導医 日本消化器病学会専門医
日本内科学会専門医

 



初診:
月曜日・竹内
火曜日・子日
水曜日・田口、倉田
木曜日・渡邉
金曜日・北出

朝絶食で受診(初診)していただけば上部消化管内視鏡検査は受診日当日施行可能です。
病診連携予約枠が設定されています。かかりつけ医より当院消化器科初診枠に、あらかじめ予約を取ることが可能です。
また、ご高齢の方の検査に関しましては、短期検査入院も積極的に行っています。
  なにかございましたらお気軽にご相談ください。

日本消化器内視鏡学会が実施している「消化器内視鏡に関連した偶発症の後ろ向き全国調査」に参加しています。


外来受診についてのお問い合せ先

担当 医事課
TEL:059-259-1211(代表) FAX:059-256-2651

お問い合せフォームはこちら

PageTop