三重中央医療センターは地域の急性期医療を担う総合病院です。特に三重県総合周産期母子医療センターとしての役割は大きく、多職種がチームで専門的に協働しています。またがん診療連携準拠点病院としての役割も担い、がんと共に生きる生活を大事にしたサポートを行っています。一方で災害支援病院としての役割も大きく、地形の安全性や交通網の効率性を活かした活動を目指し、職員の訓練にも力を入れています。私たちはこのような、地域の暮らしを支える役割を担うことに誇りをもって、日々研鑽しています。
 看護部では医療チームの一員として看護外来を開き、がん看護相談外来・糖尿病外来・ストマ外来・フットケア外来・透析予防外来等、看護の専門性を活かしたケアの提供をしています。
 また看護教育においては、就職1年次からラダー教育を整え、全ての看護師が継続した学習をしながら後輩先輩、共に学び合っています。

 看護部のモットーは看護師一人ひとりが「いきいき」と看護を実践することです。そのためには働きやすい職場づくりが大切です。特に新人看護師やママさん看護師には手厚くサポートしています。こうした日々の実践の中で、全ての看護職員が感性と知識・技術を磨くと共に互いの成長を尊重し合える事を大切にしていきたいと思っています。

 

看護部長 今井 可奈子

 

 

PageTop