東5病棟 外科・泌尿器科

 

 

東5病棟

 

 

 

外科は、消化器系疾患(胃・腸・肝臓・胆のう・すい臓)、乳房、甲状腺による疾患、泌尿器科は、尿路および男性生殖器など腎臓・膀胱・精巣による疾患の患者さんが入院されています。
患者さんが、安心して入院していただくために、クリティカルパスを用いた説明や、痛みに対しては、緩和ケアチームと連携をとりながら、痛みのコントロールができるように努めています。また、パンフレットを用いて食事指導や乳房手術後の腕の運動やマッサージの指導をし、スムーズに退院できるように援助を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

PageTop