地域がん診療連携拠点病院

三重中央医療センター附属看護学校

理念・基本方針

病院長あいさつ

概要/沿革

認定/指定

地域がん診療連携拠点病院

概要

国立病院機構三重中央医療センターは、急性期医療を担う病院として、入院病棟は臓器別にて対応し、より患者様の身になった医療を提供できるように努力しています。

政策医療: 国立病院機構として担うべき医療を行ってまいります。
成育の基幹医療施設: 東海北陸ブロックにおいて周産期母子医療について、ナショナルセンターの国立成育医療センターのもと基幹医療施設として高度で専門的医療を行っています。
がん、循環器、呼吸器(結核を含む): 「地域がん診療連携拠点病院」としてこの地域におけるがん診療・相談支援・研究などに積極的に取り組んでいます。
地域医療支援病院として中勢伊賀地域の循環器・呼吸器疾患の専門医療を担当しています。
その他: *糖尿病に関しては、教育入院をはじめ、積極的に糖尿病診療を行い糖尿病合併症の予防、進展防止につとめています。
結核拠点病院: 三重県内の最終拠点病院として結核診療を行っています。
救急輪番制病院: 津市の二次救急輪番制の中核を担っています。
救急告示病院: 二次(三次的)救急を中心に対応しています。

脳循環、心疾患においては基本的に24時間体制で対応しています。

  

診察

母性・小児(主として周産期)医療の基幹施設として高度かつ先駆的医療を行う
循環器病について高度かつ集学的診療を行う 主として肺がんの集学的医療を行う
主として周産期医療、循環器病分野における高度の救急医療を行う
内分泌・代謝系疾患に対する医療、難病医療を行う

教育・研修

地域医療研修センターを設置して各種医療従事者の卒後研修及び生涯研修を行う
看護師の養成を行う

研究

 母子医療を中心とした臨床研究を行う

病床数

総病床数 486床
 一般 450床
 結核 30床
 感染症 6床

診療科

  内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、歯科・歯科口腔外科、麻酔科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科
沿革

国立津病院

明治41年11月 歩兵第51連隊の設置に伴い、津衛咸病院として創立され、
その後津陸軍病院と改称された

昭和20年12月 厚生省所管となり、国立津病院となる
昭和21年 3月 国立京都病院榊原分院が国立津病院に移管された
昭和22年10月 国立鈴鹿病院明星分院が国立津病院に移管された
昭和25年 4月 明星分院は国立明星療養所(後の国立療養所明星病院となる
昭和25年 7月 榊原分院を分病棟とする
昭和31年10月 榊原分病棟は国立榊原療養所(現国立療養所榊原病院)となる

国立療養所静澄病院

昭和15年 7月 三重県立結核療養所静澄園として創設
昭和18年 4月 日本医療団に統合、日本医療団静澄園と改称
昭和22年 4月 厚生省に移管、国立療養所静澄園と改称
昭和41年 2月 一般患者の入院開始
昭和50年 5月 重度心身障客児(者)の入院開始
昭和52年 4月 国立療養所静澄病院と改称

国立三重中央病院

平成10年 7月 国立津病院・国立療養所静澄病院を統合し
国立三重中央病院となる

独立行政法人国立病院機構 三重中央医療センター

平成16年 4月 国立病院・療養所の独立行政法人化に伴い
国立病院機構三重中央医療センターと改称

 

 

PageTop