研修について

研修理念・目標

理念

人間の生命と尊厳を守り、真の自立性を身につけ、幅広い病態・疾患に対応できる医学知識・技量を基盤に、医療チームの一員として質の高い医療を実践できる能力を身につけるための臨床研修を目指す
目標
  • 幅広く深い医療知識とすぐれた技量を持つ医師を育成する。
  • 高い倫理性を持ち、謙虚さと優しさを持つ医師を育成する。
  • チーム医療を推進し、協調性や必要時にはリーダーシップを発揮できるような医師を育成する。
  • 主体的に学び自己研鑽できる医師を育成する。
  • 将来への継続性を踏まえた研修を行う。
  • 最適な医療知識・技量を踏まえ、「根拠に基づいた医療」を実践する。
  • 地域に密着し、地域社会に信頼される医師を育成する。

 

当院の研修

少数精鋭! ・・・・研修医が少ない
 当院の募集定員は4名で、病床数500床の病院としては若干控え目ですが、全22診療科からなる総合病院であり1日入院患者数370人、二次救急病院として年間6,500件の救急車を受け入れていますので、症例数は豊富で偏りもありません。

    ということは “研修医1人の 経験できる症例数が多い!”
    そしてなにより“その他大勢の1人ではなく、あなたが 主役になれる場所 です。”
     ※ オーダーメイドの研修スケジュール にも柔軟に対応しています。
     ※ 指導医のみならず、上級医・スタッフとも多くの関わりを持つことができます。

垣根が低い! ・・・・臓器別病棟
当院では、臓器(分野)別に内科系・外科系が同じ病棟になっています。
同じフロアで仕事をしているので、指導医、スタッフ同士の交流も良好で、診断・治療においては、内科系・外科系が互いに緊密に連携するスムーズで垣根のない診療体制がとられています。

     ※ 症例を一つの視点から診るのではなく、広い視野で診ることのできる
“総合診療の力” を確実に 養っていける ものと思います。


三重県中勢 地域の中核病院
 当院は地域医療支援病院の指定を受け、地域のクリニックや他の病院と連携して地域医療の拠点としての役割を担っており、
・かかりつけ医からの紹介患者の受入れ、治療後のかかりつけ医への逆紹介
・市民公開講座による地域住民への医療情報の普及啓発
・地域の医療従事者への教育研修
   などを推進し、地域医療の充実と向上に取り組んでいます。


※ 救急疾患のみならず、慢性疾患や全身性疾患など 
豊富な症例 があります。
※ 地域医療研修では、当院と連携する医療機関(かかりつけ医)等から見た
  地域連携を経験していただきます。

国立病院機構(NHO) の 一員 として

 ○ 良質な医師を育てる研修
 国立病院機構は若手医師の育成に力を入れており、その最たるものが“良質な医師を育てる研修シリーズ”です。
国立病院機構は全国に143の病院を展開する日本最大級の病院グループです。
全国には急性期から慢性期まで様々な機能の病院があり、それぞれの得意分野があり、各地にその分野のスペシャリストがいます。

そのスペシャリスト達が研修医を対象に用意する研修プログラムに参加できます。
(例)
研修名 開催場所 開催日
神経内科研修(神経・筋(神経内科))入門研修 旭川医療センター H27.6.12-13
コミュニケーション研修 名古屋病院 H27.7.3-4
小児疾患に関する研修 岡山医療センター H27.7.9-10
シミュレーターを使ったCVC研修 九州医療センター H27.7.31
循環器疾患に関する研究 岡山医療センター H27.9.3-4
結核・抗酸菌・真菌感染症に関する研修 近畿中央胸部疾患センター H27.9.17-18
神経内科研修(神経・筋(神経内科))基礎診療スキルアップ研修 熊本再春荘病院 H27.10.9-10
シミュレーション教育に実践研修 岡山医療センター H27.10.15-17
呼吸器疾患に関する研修 岡山医療センター H27.10.29-30
脳卒中関連疾患 診療能力パワーアップセミナー 仙台医療センター H27.10.30-31
腹腔鏡セミナー コヴィディエンATC(富士宮) H27.11.69-7
神経内科研修(神経・筋(神経難病)診療中級研修) 宇多野病院 H27.11.13-14
重症心身障害児(者)に関する研修 下志津病院 H2711.26-27
救急初療パワーアップセミナー 北海道医療センター付属看護学校 H27.12.4-5
膠原病・リウマチ研修 九州医療センター H27.12.11
病院勤務医に求められる総合内科診療スキル 本部研修センター H28.2.-5
小児救急に関する研修 四国こどもおとなの医療センター H28.2.4-5

 

短期の見学研修
NHO143病院の中で興味のある病院(診療科)の“見学研修”も可能です。例えば、国立循環器病研究センター、東京医療センターなど。

毎年秋に”国立病院総合医学会”が開催されます。職種を問わず多くの職員が日ごろの研究などの成果を発表する機会があります。
平成27年度は札幌、平成28年度は沖縄で開催されました。

後期研修では海外留学制度もあります
国立病院機構に所属する若手医師が、専門医取得や自らのスキルアップを目的として、所属病院とは異なる他の機構病院へ一定期間留学し研鑽を積むための制度です。
国立病院機構と米国退役軍人健康庁の提携により、機構病院に勤務する若手医師を米国退役軍人病院に留学・派遣する制度です。
留学先:ロサンゼルスVA(米国Veterans Health Administration Greater Los Angeles Healthcare System)


歴代研修医 出身大学(平成16~29年度) 

出身大学 人数 出身大学 人数
三重大学 13 愛知医科大学 1
独協医科大学 3 福井大学 1
関西医科大学 2 藤田保健衛生大学 2
高知医科大学 2 島根大学 1
奈良県立医科大学 2 福岡大学 1
新潟大学 1 順天堂大学 1
富山大学 1 岐阜大学 1
熊本大学 1 自治医科大学 1

※ 三重大学に限らず、様々な大学の卒業生が当院での初期研修を修了しています。
  地元が三重という先生もいますが、修了後地元に戻って活躍されている先生もいます。
  また、当院で後期研修を頑張っている先生もいます。

設備環境 
○ 研修宿舎

  • 敷地内にある教育研修棟2~3階が宿泊施設です。(1階は研修施設)
  • ワンルームタイプで、シャワー・トイレ付き。
  • 簡単な家具も備え付けられています。
  • 洗濯機・クッキングヒーターは共同となります。

自炊は難しいですが、なにより職場に近く、周辺には“久居インターガーデン”もあり生活に必要なものは揃うので便利です

※ 入居費用:6,000円/月(共益費・光熱費込み)
※ 当直時の利用も可能です。(PHSが届きます)


 

 

○ 職員食堂など 
 8階 職員食堂

 

外来エントランスホール CAFÉ de CRIÉ


 

トップ