地域連携総合相談支援センター

三重中央医療センター附属看護学校

地域連携総合相談支援センター

 

地域連携総合相談センターの役割

地域連携総合相談センターは、がん看護を専門とする看護師、退院調整看護師、臨床心理士、社会福祉士、事務職員で構成され、大きく分けて3つの機能があります。これらが情報交換し連携しあって対応しております。

 

がん相談支援センター
  がんに関しての悩み・不安・疑問などにお答えします。
地域医療連携室
 

ほかの医療機関からの患者紹介や、当院からほかの医療機関への紹介(逆紹介)に関わる窓口としての機能を果たしています。

医療相談室
  下記のような様々な問題に医療ソーシャルワーカーが相談に応じています。
  ・退院後の療養や介護について
  ・ほかの医療機関や施設の利用
  ・介護保険や身体障害者手帳の申請
  ・医療費や生活費などの経済的問題や公費医療制度の紹介
 

病院を訪ねて来られる患者さま・ご家族にとっては、期待もありましょうが不安や心配のほうが何倍も大きいものと思います。また、診療が終わった後でいろいろな心配ごとも湧き出てこようかと思います。そのような不安・心配・疑問に対してこのセンターが、少しでもお役に立てるならば幸いです。

 

クローバー

シンボルマーク

当センターは、安心・信頼・希望と幸せを願い、四つ葉のクローバーをシンボルマークとしております。

 

地域医療連携とは?

各医療機関にはそれぞれの機能や、特色があります。例えば地域の診療所(クリニック)などは、入院を必要としない程度の方を対象に、医療を提供しています。また、当院のような急性期病院は、生命に危険がある方を助ける救急医療や専門的な検査や入院治療を提供する病院になります。このように、医療機関には、機能、規模によりそれぞれの役割があり、地域医療連携とは、限られた医療機関の機能を有効利用するために、病院と診療所、あるいは病院同士が連携し、患者さまに効率的で適切な医療を提供する連携のことをいいます。

 

地域医療連携のメリットは?

1. 一部の医療機関に患者さまが集中することが避けられ、待ち時間も短縮されます。
2.

病状に応じ、かかりつけ医が適切な医療機関を紹介します。また病状が落ち着いたら病院からかかりつけ医に逆紹介することにより、継続性のある適切な医療が受けられます。

3.

当院ではかかりつけ医を通して初診や検査の予約ができます。受付も簡単な手続きで済み、待ち時間の短縮にもなります。

4.

当院を受診する際は、かかりつけ医からの紹介状をお持ちいただくと、いままでの治療経過を生かした診療を行えます。病状が把握しやすくスムーズな診療が行えるので、初診時特定療養費3,240円のお支払いは不要となります。

 

かかりつけ医とは?

家や勤務先に近い、診療所、医院、クリニックなどの医師のことです。日常的な診療だけではなく、健康管理から食事のことまで、様々な相談な相談に応じてもらえます。

 

1. 大病院と比較して待ち時間が短く受診の手続きも簡単で、じっくり診療してもらえます。
2.

ふだんの病状、病歴、健康状態を知っているので、緊急の時に、適切で素早い対応が出来ます。

3.

入院や高度な医療が必要なときには、適切な病院・診療科を紹介してもらえます。また「紹介状」を出してくれるので、紹介先の病院でもいままでの治療経過を生かした診療が行えます。

4.

自宅に近いなど、通院が便利です。

5. 夕方5時以降や土曜日の診察時間があるなどお勤めの方も利用しやすいです。
 

 

がん相談支援センター
地域医療連携室
医療相談室

 

 

PageTop